私の狙いは戸建不動産投資。戸建物件の値段は歪みが起きやすく、高利回りの実現もしやすい。

不動産情報サイトで公開されている中古戸建物件を安い順に並べて毎日観察すれば、すぐに売れるもの、売れ残りの傾向をつかめる。さらに、間取りを眺めながらどう再生するといいのか、妄想訓練で、ボロ戸建の再生イメージ培う。

さて、今回は横須賀市逸見に380万円の安値物件を発見。横須賀は昨今空き家が急増しているエリアだ。早速不動産屋に問い合わせてみる。

S63年築木造スレート葺2階建の70平米ぐらいの中古戸建。市街化区域であり条件としてはまずまず。

しかしバルコニー劣化による雨漏りがあり一階が結構なダメージ。初めて買う物件としてはハードルが高い。3棟建売された物件の一つで、築年数の割に痛みあり。

車で入って行ける場所ではないため、リフォームするにも割高になる。ということは駐車場もない。
横須賀によくある物件だ。

さらに、最近の長雨や豪雨で影響が出そうなラベルがイッパイついている。
 
第一種高度地区
急傾斜崩壊危険区域
土砂災害警戒区域

せっかく手に入れた物件が天災で無くなってしまっては元も子もない。
こういう物件は避けていこう。
もちろん、10万円なら別だけども。

続きを読む