とあるサーフィンで人気の街に出ていた激安の中古戸建ボロ物件を購入しました。


32年、ガレージはないけども、荒れ放題の庭を造作すれば三台は確保できそう。

現在電柱が邪魔してるんですが、東電さんは同じ敷地内の移動なら無償でやってくれる。

しかも、土地を借りているので、お金もくれる!とはいっても年間3000円だけど。

(電柱1500 支線1500)


安いには理由がある。
雨樋が全部ない、なんで!?
雨漏り跡がある、今は止まっている?
2年ほど空き家だったのですごい埃が積もっている!すごい蜘蛛の巣!


売り出し価格も激安でしたが、必要工事費用を算出。想定家賃を地元不動産屋に聞いて、年利20%になる価格で指値。初めての指値でドキドキ。2割オフで出してみた!ダメなら次をと思ったら、不動産屋さんはあっさり、ハイハイ、これで交渉してきます、と。そして、夕方には、オッケイでーす、と。


個人的には鬼の指値のつもりだったが、鬼でもなんでもなかったようです。
不動産投資の本を読むと、指値をすると、不動産屋は嫌がって、売主に交渉すらしないという話もありますが、2割オフぐらいは問題ないようです。 


そんなわけで、トントン拍子に購入しまして、10/1に売買完了。

ここから、新たな物語が始まりますね。