「人生を変える戸建不動産投資の始め方①」では、戸建不動産投資はどういうものか、概要をざっとご説明しました。今回は、まず仕入れの部分を考えてみましょう。

戸建不動産投資を始めるには、一軒家の空き家を手にいれる必要があります。その時考えることが必要なのは価格とエリア。

価格は激安であれば、激安であるほうがよい。原価になりますから。
一般的によくやる手法は、非常に古い家で、家の価値が0になった物件を土地値で買う手法。
土地を買うだけで家が付いてくるというお得感!
しかし、土地の値段は場所によって違います。東京都、神奈川県の人気エリアはやっぱり高い!
人気エリアから外れれば、数百万円。激安!
とはいえど、それでも数百万円はかかるのです。

しかし、不動産価格は不思議なことに、論理的になっていないことがあります。相続で引き継いだものの、ボロ屋の粗大ごみ付きの家に困ってしまって、速攻で手放したい人も中にはいるのです。
株で言ったら、狼狽売りですね。

さらに、代々引き継いでいるから、売ることはできないが、毎年固定資産税は払わされるし、空き家は痛むし困った、という人もいます。そういう場合は、格安で借りてしまえばいいのです。

こういう境遇の人を見つけて、交渉すれば仕入原価を下げることができます。

さて、次はエリア。乱暴な話、人が住んでいれば、入居者は出ます。ただし、安ければ。

私が持っている物件も人口4万人の市、人口1万人の町(30分車で走れば人口9万人の市)、人口40万人の市だが、山がちで人口減が問題の地域、ですが、人は入っています。
これから、日本は人口減ではありますが、なんらか特色を持たせれば、入ってもらうことができます。

私がやっている方法は、犬猫OK、DIY改装もOK!

犬、猫をOKにしている戸建賃貸物件は少ないので、競合が減ります。一度入居しても、競合が少ないですから、退去することもすくないでしょう。
さらに、DIY改装で暮らしやすいように改造してよいですよ、としています。そうすれば、家にも愛着が出てきて、長く住んでいただけるでしょう。

ただ、地方都市に行くと、車社会です。駅から何分とか、意味ありません。駐車場に何台車がおけるかが、鍵です。仕入れの際は、車が置けること、もしくは近くに駐車場がある物件を見つけましょう。