ボロ!廃墟!戸建不動産投資!

ボロ戸建不動産投資で目指せ20%超利回り! 廃墟不動産投資で目指せ100%超利回り!

戸建不動産投資を始めたのは2005年。実家の隣の物件が売りに出て、おかんが買え買えウルサイのでローンを組んで買いました。毎月1万円ぐらいの利益がでますが、利回りで計算するととても低い。家は築25年ですが、さすが大手メーカー、素晴らしい品質です。
2015年、20%利回りを達成する不動産投資、さらに100%を超える廃墟不動産投資に出会い、2016年からスタート。高利回り不動産投資は2件保有中(2017/10現在)
まだまだ勉強です!

励みになりますので、ポチッとお願いします!

不動産ランキング

戸建不動産投資

困った入居者@二号物件

築古のお寺のような戸建て物件に、ジモティーを経由した入居者さん。自称アーティスト。DIYは得意。
この古い日本家屋を自分の作品にしたい、と意気込んでいたものの、収入が安定せず、ずーっと家賃のお支払いが無い状態。
そう、雨漏りが直ったら家賃発生なんですが、ずっと払えないんです。

彼の面倒見のいい友達が仕事を見つけ、働かせているものの、友達への借金も多いようで、家賃が後回しに。滞納分も分納するといったものの、その約束も果たされず。
向こうから、出て行くと言ってきた。

入居時に保証人なしで貸してしまったものなので難儀なことに。人としては悪い人ではなさそうだけど、アーティスト気質なのか、お金に無頓着?計画性のない?

出ていけば、滞納分がチャラになるわけではなく、払ってもらうわけですが、滞納分の支払い計画を合意し、親族に保証人になってもらい、という方向へ。

さらに、難儀なことは、DIY途中で力尽きているのですね。こっちで大工を呼んで修理すれば、修理費は請求ですが、無い袖は振れないわけで。。彼のアーティスト友達と直してくれれば、いいんだが。

2号物件の雨漏り修理

2号物件は雨漏りしているかもしれない、という状況で買いました。押入れの天井が濡れていることもある、という前オーナーの話。しばらく様子見てましたが、秋の大雨のあと見に行ったら確実に雨漏りしていて、ダンゴムシがどこからともなく集合。

DIY得意の入居者さんに押入れをぬいてもらったら、今まで隠れて見えなかった雨漏りの酷さが際立つ状況。
しとしと雨が降ってきて間もなく、ポタンポタンと雨漏りがくるとのこと。
これだけ明確な雨漏りなら、屋根に上がればわかるだろう、と思って、前の持ち主から引き継いだリフォーム会社に調査依頼しても、「上から見ても、漏れてるようには見えませんね」と。
こいつは、顧客の課題を解決する姿勢が見えないのでクビ!

さて、どうするか、ネットで調べまくり。ホームページに派手さはないが、工事実績写真を載せている職人ぽい方に連絡。

中からも漏れている場所を見てもらい、
屋根にもスルスルとあがり、見てもらいますが、やはり目に見える穴はよくわからない。
屋根の頂点で雨が入って、真ん中あたりで染み出している可能性もあると。

この場合は、この面のトタン屋根を剥がして、防水シートを貼り直して、新しいトタンを敷くのが良いとのこと。

雨漏りなおるまで、家賃無しにしてますので、
これ以上時間も待てません。工事をしてもらうことに。工事費用は35万円也。
1年以内に回収できるので、よしとしよう。

帰り際にこの方がポツリ。

投資家さんから、すごい古い家の屋根修理の注文が多い。よくこんな家に住むなあ、って思うんですよね。

皆がみんな十分なお金があるわけでないし、皆が新しいものを求めるわけではない。

マーケットを複数の目で観れるかが大切。